従客閑雅

ほんとうは「従容閑雅」なんだそうな(^^; 東琤(落塵庵主)がサイバーな世界でストレス発散。

行動記録アプリ 

頭のトレーニングと実益を兼ねて、スケジュールアプリをバージョンアップしてみました。

今使っているのが、有名な「十」とか「予」の文字で化けるのですが、個人ユースなんで気にしておりませんでした。予定表で予という字が使えないのも致命的と思いバージョンアップをすることにしました。バージョンアップというよりも、ほぼフルスクラッチに近いようです。今回もPHPで書きましたが、フレームワークで一から書きました。
スポンサーサイト
[ 2012/03/31 13:39 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

舞子島古墳群 

徳島県阿南市椿泊の東端は、燧崎と呼ばれている。この岬から東に800m隔てて舞子島という無人島が紀伊水道に浮かぶ。カリマタイシと呼ばれるこの付近は一番水深がある。一見舞子からの砂州が延びているので過去繋がっていたかの印象を持つ。

この島は古墳群が存在する。今回、知人が連れて行ってくれるというので、二つ返事で行くこととした。
[ 2012/03/23 15:45 ] 阿波の古いこと | TB(0) | CM(2)

若杉山遺跡 

魏志倭人伝(正確には、「魏書」第30巻烏丸鮮卑東夷伝倭人条)によれば、邪馬台国には水銀の鉱山があったと記されている。

以下原文
出真珠青玉 其山有丹 其木有・・・・

意味は、
真珠や青玉を産出する 水銀を産出する山がある。その木(植性を書いてある)

[ 2012/03/21 18:41 ] 阿波の古いこと | TB(1) | CM(0)

三木家 (君が代考 その3) 

朝起きて、急に残雪の剣山が見たくなった。

剣山は、川井峠から見るのが一番だと、川井峠にある看板にも書いてあるが、将にその通りだと思う。

春三月とは言え、まだまだ四国山地は寒い。以前二月の末に川井峠を越えた時には、残雪で車の腹をこすった記憶がある。今回も着膨れするほどに着込み出発することにした。途中、神山道の駅にて、ロードバイクに乗った若い男性に声をかけてしばし雑談する。話を聞いていると、ロードバイクも楽しそうだ。カーボンフレームの自転車はとても軽そうだったが、お値段の方はかなり重そうだった。笑)

さて、休憩が長く出発してから1時間半で川井峠に到着した。

▽中央、残雪の残る剣山系

IMG_4478.jpg
[ 2012/03/21 10:19 ] 阿波の古いこと | TB(1) | CM(2)

君が代考 その2 

前回、佐那河内のさざれ石探しをやって、ここかしこにさざれ石を発見した時、君が代はこの地で読まれたに違いないという感を強く持った。帰宅後「君が代」をウェブで調べていると、徳島君が代説をはっきりと肯定する記事が見つかった。それは意外と近いところにあったので、一度見ておく必要があると思い出かけてみた。
[ 2012/03/18 10:14 ] 阿波の古いこと | TB(1) | CM(0)

君が代考 

「君が世は、千代に八千代にさざれ石の巌となりて、苔のむすまで。」

1999年、国旗及び国歌に関する法律でようやく君が代が国歌になった。日教組が目の敵にし、教育現場では混乱の源である国歌はどのようにして成立したのであろうか。他国の国歌と比較すると品位があるが、思えば不思議な歌である。

この歌の成立などに思いを馳せ、調べてみようという気になったのは、「さざれ石」が一つのポイントである。

知りあいに聞くと、佐那河内にはさざれ石がゴロゴロしていると言うのだった・・・・
目指せ、「嵯峨天一神社」一路、佐那河内村の嵯峨の渓へショートツーリングすることにした。

IMG_4328.jpg

△嵯峨  美しい阿波の青石を積んで畑を耕している。この渓全体青石でできているようだ。
[ 2012/03/16 16:45 ] 阿波の古いこと | TB(1) | CM(2)

八倉比売神社を散策 

2012/3/14(水)
徳島市内に出てきたので、徳島市立考古資料館へ行き、近所を散歩することにしました。

DSC_0421.jpg

展示室があり、縄文時代から平安時代にかけての考古学的資料(銅鐸、勾玉、やじり、土器、鏡など)が展示されています。先日の、徳島県埋蔵文化財センターで説明を受けたのと同じように銅鐸の展示がありました。これはどうにかならないものかと思います。財政的にも無駄だし、分散されれば貧相に見えます。一箇所に集めることができれば、勉強するにも何かと便利です。いろんな貝類の化石や動物の骨に続き磨製石器や鏡、銅鐸、土器の展示がありました。先日のおさらいができました。

[ 2012/03/14 19:13 ] 阿波の古いこと | TB(1) | CM(0)

徳島県埋蔵文化財センターへ行く 

場所:徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2
電話:088-672-4545
名称:公益法人 徳島県埋蔵文化財センター
URL:http://www.tokushima-maibun.net/
休館日 月曜日、国民の祝日、年末年始
開館時間 午前9:00~午後5:00
E-mail awapac@jt6.so-net.ne.jp

入館は無料



IMG_4233.jpg

[ 2012/03/09 10:20 ] 阿波の古いこと | TB(1) | CM(0)

明谷梅林まつり 

天下の魁がほころぶ頃になりますと、明谷の梅林がオープンします。
谷全体が、「ブーーーン」と音を立てています、養蜂家が来て、ミツバチを放しますので、ここかしこに蜂が飛んでいます。この時期、梅の花のいい香りがします。

【名称】明谷梅林まつり
【時期】2月上、中旬 (2011年は、2/6から3/20)(2012/2/5(日)~3/20(火))
9:00~17:00
【場所】阿南市長生町角ノ谷 明谷梅林
【紹介URL】
【その他】まつり初日には、市長参加のテープカットやら餅投げなどが行われます。

駐車場は期間中、有料(乗用車¥500円、大型バス¥2000)ですが、入園は無料です。
5ヘクタール、4000本の梅が植わっているそうです。
[ 2012/03/07 19:50 ] イベント | TB(1) | CM(2)

ワードプレス利用の際の認証について 

いろいろ方法はあると思います。

1.ベーシック認証

2.プラグイン(Member Onlyなど)

3.「auth_redirect()」関数を利用する方法
[ 2012/03/05 11:32 ] WordPress覚書 | TB(0) | CM(0)

ダッシュボードの非表示 

ワードプレスで、購読者のダッシュボード等を非表示にするフック関数

[ 2012/03/05 11:21 ] WordPress覚書 | TB(0) | CM(0)
カテゴリー
プロフィール

らくじん(rakujin)とうそう

Author:らくじん(rakujin)とうそう
『変わらぬ御世こそめでたけれ!』でも、人間平坦だとついついぼやきがち。庵主はサイバー上でぼやくのが趣味。HPの容量が無くなったので、仕方なくブログに移行、ブログ版ジョーク!!
本家

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
counter
2011.04.28-