FC2ブログ

従客閑雅

ほんとうは「従容閑雅」なんだそうな(^^; 東琤(落塵庵主)がサイバーな世界でストレス発散。

本来あるべき食べ物の種類について考察してみた 

食うことはすなわち生きることです。

痩せていることが美しいという現代の概念は、長い人間の歴史に照らせばほんの一時の流行でしかありえません。ふっくら少し太めというのが美しいとされた年月の方が長いことでしょう。

だいたい、学者がいうことは10年たてば真逆が多いので、栄養学の大家がいうことなどは信じない方が良いと常々考えています。かくいう私は過去の栄養学者の学説に振り回された親によって、内臓が弱いのかもしれないと思っているほどです。




昔、幼児の育て方として正しい方法は、濃いミルクを少量やるのが良いとされていたようです。今じゃそんなことを若いお母さん方に言えば笑われますね。薄目のミルクをげぽげぽがまだましだそうですから。

今回は人間の食い物に関して少し考えてみました。
人類が現在の食生活に慣れたのは、一年時計で例えたら、今朝か昨日のことです。
動物は徐々に体を進化させ変えて行くことはできても、今日や昨日では体の作りを変更できません、それなりな時間が必要です。ですから、人間にあった正しい食性は何かと問われた時に、「野菜を沢山食べること」と答えがちな現代人は完全にテレビの見過ぎだと言えます。

動物にはその種に応じた食生活があるはずです。ライオンに草ばかりを与えても長生きできないだろうし、カモシカに肉ばかり与えてもすぐに不健康になります。

ところでライオンはどのくらい肉を食べるのか調べてみました。
動物園なら一日当たり馬肉なら3~5kg程度らしいです。一度にどの程度食べるのかというと、体重200kgで20kg近い肉を食えるのではないかということですから、凄いですね。しかし、大型肉食獣は食えない日も多いのです。彼らにドカ食いは健康に悪いなどというと??ですよね。むしろ絶食なんかを頻繁にしてドカ食いするのが正しいのだと思います。
Wikiによりますと、象は150kgの植物を食べるそうです。勿論肉は食べないと思います。

更に、ライオンがしとめた獲物の腸を一番に食ってその半消化の植物を好んで食べるという噂は単に噂であって事実ではないことが解りました。つまり、その手の話はベジタリアンや商業的な歪曲である可能性が高いのです。

さて、前振りが長くなりましたが、人は金を出せば何でも食える現在です。それこそ、空を飛ぶもので飛行機以外はなんでも食ってしまいますし、海を泳ぐものは原潜以外なんでも食います。しかし、個人的な好みが優先されて、動物の一種類としての本来食うべき食材が吟味されていないのが実情ではないでしょうか?個人的で何の裏付けもありませんが、巷で言われている「玄米食」なんかはあまりよくないような気がします。大体種子を食われてしまえば植物にとっては被害ですから、種はそれなりな毒を含んでいると思った方がいいと思います。葉っぱも灰汁や樹脂で自分が食われないように防御しております。進化によって毒を無毒化するように体を進化させたり、それにも勝って強い毒を産生するように植物は進化してきたのだと思います。人間は知恵があり、灰汁の少ない新芽だけを採集したり、曝して灰汁を抜いたり、脱穀して、澱粉部分だけ取り出して食ってました。

結論的には、現時点では「本来食うべき食品は歯が決定する」という学説が一番正しいと思います。

人間の場合、前歯は8本、犬歯が4本、臼歯が20本なので、比率にすると2:1:5です。ご存知の通り、前歯は主に草を噛み切って食べるに適して、犬歯は肉を、臼歯は穀類をすりつぶすのに使われます。ということで、人間は、野菜:肉:穀類を2:1:5で食べるように体ができているのです。

ここで些細な疑問が残ります、その比率の単位ですが、重さなんでしょうか、かさなのでしょうか。それとももっと他の単位なんでしょうか(例えば食べる時に食べやすさを数量的にあらわしたものとか)

大雑把な考察で申し訳ありませんが、そこらはうやむやにしておきたいと思いますが、おばあちゃんが「何でも好き嫌いせずによく噛んで、腹八分目」と云っておりました。そうなんです、肉も魚も少々食べて、その倍くらい野菜を食し、残り全部を穀類で補う食事が最も人間の体にマッチしたものだと結論します。

10万年後人類が存在するかどうかは疑問ですけど、その時は体も随分進化してマクドだけでも健康で長生きできるかもしれませんね。もっともその時までケンタッキーが倒産しない保証はありませんけど・・・・(^^ゞ
スポンサーサイト
[ 2013/03/30 11:48 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
プロフィール

らくじん(rakujin)とうそう

Author:らくじん(rakujin)とうそう
『変わらぬ御世こそめでたけれ!』でも、人間平坦だとついついぼやきがち。庵主はサイバー上でぼやくのが趣味。HPの容量が無くなったので、仕方なくブログに移行、ブログ版ジョーク!!
本家

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
counter
2011.04.28-