Entries

8月の入院

ブログにはあまり、体調に関することを書かなかったのですが、時折発熱があって事前に症状があるにも関わらず、見逃している事があるので忘備録の意味でもちょっとだけ書きとどめておきます。



胆管炎に至る経過として、2週間ほど前からの活動記録

8月2日、県外へお出かけ
8月3日、プチツーリング
8月4日、一日編集作業
8月5日、研究会出席(午前午後)
8月6日、日中、お買い物
8月7日、スライド作りの爲一日自宅にてPC作業
8月8日、同
8月9日、雨乞いの滝へハイキング、疲れた
8月10日、夜、研究会にてレクチャー
8月11日、昼ちょい用事、夜中悪寒がする
8月12日、午後ミーティング、夜中悪寒がする
8月13日、半日資料作り
8月14日、一日ガイド
8月15日、朝から体調不良、徐々に発熱(39℃)にて、スオード服用、絶食一日目
8月16日、いつもの大学病院、CRP値が二桁にて入院決定、入院一日目
8月19日、入院4日目、お粥にて食事が始まる
8月21日、入院6日目にて午後退院 γGTPは66まで下がる、PLTは久々に15万台に上昇

CRPと体温については以下、
無題

前回入院した時と比べると、CRPの下がり方がとても良いようで、よく薬が効いたようです。
入院前が、スオードで血中濃度が上がったと思われる頃から徐々に熱が下がり始めました。入院してからは、ラインを取り、点滴にてワイスタールです。20日からは、点滴を止め、レボフロキサシン500㎎/日(製剤名クラビット のゾロ)をオーラルにて退院後含め6日間。

ついでに入院中の記録も添付しておきます。
絶食中は低いのですが、食事をとるようになると、かなり乱高下しているようです。特に21時に高くなっています。普段の生活が一日二食なので三食食べると夜、どうしても満腹になってしまいます。そんな関係かもしれません。家での生活の方がある意味コントロールできているような気もします。

2_20170908085849d08.jpg


14日の帰宅時、体が抜けるようにしんどかったのは、既に胆管炎を起こしていたのかもしれません。今回暴飲暴食をした記憶もありませんが、家内曰く余計目に食べていたそうです。また、仕事をしていないとは言え、体力の無い私にとっては、少しハードに活動していたようです。昨年も同じ時期に、胆管炎になりましたので、この時期は特に要注意ということでしょうか。今回の特徴として急激に熱が上がらなかったので炎症だとは思わなかったのですが、二三日かけてじわじわと来ることもある事を防備に加えておきましょう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://rakujintousou.blog74.fc2.com/tb.php/1086-694f5f6e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カテゴリー

プロフィール

らくじん(rakujin)とうそう

Author:らくじん(rakujin)とうそう
『変わらぬ御世こそめでたけれ!』でも、人間平坦だとついついぼやきがち。庵主はサイバー上でぼやくのが趣味。HPの容量が無くなったので、仕方なくブログに移行、ブログ版ジョーク!!
本家

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

counter

2011.04.28-

ブログ内検索