FC2ブログ

従客閑雅

ほんとうは「従容閑雅」なんだそうな(^^; 東琤(落塵庵主)がサイバーな世界でストレス発散。

次なるミッションの前に、もう一つ工作を受注(軒用物干し台) 

次は、バイク整備用の工具キャリーを作成するはずだったが、前回の物干し台が結構好評であった為、雨の折に軒に置く物干し台も欲しいとの要望が出た。現在、脚立を二つ立てて最上段に物干し竿一本を乗せて使用しているが、不細工であるのは否めない。私の月曜大工も廃材利用なので、そんなにスッキリした作品にはなり難いが、それでもペンキを塗れば結構見栄えもする。ということで、今回は約二日がかりで、設計から加工組立、ペンキ塗りをこなす。


まずは、お約束の設計から。今回も3DCADで書いてみる。

1_2017100416582592f.jpg


2_20171004165827fd6.jpg


5_201710041658316c8.jpg

4_20171004165830d35.jpg


3_20171004165828145.jpg

このような構造で作ってみることにした。材料は縦支柱に代用できそうな廃材が無かったので、コーナンで買ってくる。ホルソーがΦ54なので物干し竿を通すには丁度良いので、それで800と1600に穴を開ける。

設計図通りに、墨打ちをする。心材は今回も、200×100×6000の板を二つに裁断して1m程度に切って保管してあったので、これを利用する。今回、100×100×200で使用することにする。

DSC_0005_201710041704542d1.jpg



一個のホゾ細工を残して、パーツをほぼカットし終えた。緑の板が足(3枚×2組)、立てかけてあるのが竿をかける柱。

DSC_0002.jpg


二つ目のホゾを彫って行く。久しぶりなので、なかなか真っすぐに彫れない。ノミの刃も次回は研がないと切れ味が落ちている。そういや、ノコギリは錆びがきていた。ペーパー掛けしたらアサリが飛ぶし・・・そのままだと、詰まって折れそうになったりする。(^^;

設計は六角形なのだが、面倒なので二隅のカットは省略する。性能にも美観的にもあまり問題はなさそうだし。

DSC_0007_20171004170456cf7.jpg



組み立てて、補強の為に、ネジ釘で止める。ネジは、中二階のデッキを貼った時に使ったのがしこたま残っているのでこれを利用したが、75mm程度はあるので、割れない様にパイロット穴をΦ3.5mmで開けておく。それにしても、安物のコードレス電動ドライバは弱い。コード式にキリを装着し、コードレスはネジを回す為にだけ使用する。(トルクリミッターが付いているので)

仕上げは、前と同じ、水性の白ペンキを買ってきて塗る。120度の開きは製作が案外難しい。十文字は作りやすい反面座りがすこぶる悪い。やはり、三点支持がベストなんだろうか、台の下は木製デッキなのだ。

DSC_0008_201710041704574ea.jpg

ペンキを塗る前に、洗濯用の竿を通してみたが、大体水平にできている。

DSC_0010.jpg

ペンキが乾いたら、軒に持ち込んで、国防婦人会の感想を聞いてみることにする。撃墜されなければ良いが・・・・。

設計からペンキ塗りまで約まる2日。と言っても途中色々と用事もありーの、来客ありーの。

所定の場所に置きました、評価はまあまあといったところでした。
脚立を二つ置くよりは、かなりかなりましだと思います。干せる量も増えますし、景観もいいです。今日は午後から雨予想、早速役立っているようです。

DSC_0013_20171005074606151.jpg

スポンサーサイト
[ 2017/10/04 17:45 ] 月曜大工 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
プロフィール

らくじん(rakujin)とうそう

Author:らくじん(rakujin)とうそう
『変わらぬ御世こそめでたけれ!』でも、人間平坦だとついついぼやきがち。庵主はサイバー上でぼやくのが趣味。HPの容量が無くなったので、仕方なくブログに移行、ブログ版ジョーク!!
本家

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
counter
2011.04.28-