従客閑雅

ほんとうは「従容閑雅」なんだそうな(^^; 東琤(落塵庵主)がサイバーな世界でストレス発散。

怒涛の工作、工具用ワゴン 

今日も月曜大工をしている。
物干し台を作った次は、工具用ワゴンを作成する段取りになっていたが、軒用の物干し台が間に入って設計のみになっていた。
今日は涼しいので工作日和だ。最近体力の衰えと共にノコギリ仕事をやると体のあちこちが痛い。(^^;


設計はこの前の通りとします。ワゴンが正確に作れていない廃材利用なので、暫時サイズは変更してゆくことにします。というか、直角が出ていないので、いびつになります。

工具ワゴン

十数年前に事業所で使用していた自作の可動台を利用することにしました。何かの都合で、中間の梁を溶断してあるので、変形していて歪んでいます。引き出しのレールは、全長350mmのオープニング300mmの未使用レールがありましたので、これを使います。

DSC_0012.jpg

その前に、一服しながら、フリーハンドで方針を決めます。3DCADの通り作るには無理があるようです。

DSC_0015_201710051725492de.jpg

まずは、底を製作、ワクは一応切り組をしました。かなり歪んでおりますが、底は直角を出して、長方形にしました。ところで、大工仕事に小さなスコヤはとても役立ちますね。差し金だけだと墨入れ(鉛筆だけど)の時長すぎることが多いです。

DSC_0016_20171005172551c12.jpg

切れ端のコンパネなので足りない部分は足すことにしました。段々と形になってきました。角材は倉庫の隅で眠っていたものです。多分、家の棚を取り除いた時に出た廃材だと思います。

DSC_0017_20171005172552c47.jpg

寄せ集めの材料で製作したので統一感がありませんが、ペンキを塗ったら見やすくなるでしょう。

DSC_0019_2017100517255484a.jpg

ペンキは、物干し台用のペンキが余っていたので流用、当然にも白です。

DSC_0021.jpg

引き出しは、ビス止めのうっつけ細工なので(樋を彫っていない)、重いものを入れると、底面の板が正面中央でたわむことが予想されます。(底板はコンパネを流用したので、横からビスが打てません。)金属製の細い桟を入れなければならないかもしれません。あと、ワゴンのタイヤ径が小さいのと軽量用なので、重いものは載せられませんし、工作台としては利用できそうもありません。
その他にも色々不具合はあるでしょう、使ってみてから検討することにします。


完成写真!  あと、ケミカル(スプレー缶)を入れる箱も欲しいところです。

DSC_0029_201710060800235d9.jpg

ペンキの色むらは否めない・・・二度塗りしないと綺麗に見えないですね。



スポンサーサイト
[ 2017/10/05 17:50 ] 月曜大工 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
プロフィール

らくじん(rakujin)とうそう

Author:らくじん(rakujin)とうそう
『変わらぬ御世こそめでたけれ!』でも、人間平坦だとついついぼやきがち。庵主はサイバー上でぼやくのが趣味。HPの容量が無くなったので、仕方なくブログに移行、ブログ版ジョーク!!
本家

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
counter
2011.04.28-