従客閑雅

ほんとうは「従容閑雅」なんだそうな(^^; 東琤(落塵庵主)がサイバーな世界でストレス発散。

剣山紅葉狩りツーリングは雲の中 

毎年10月20日過ぎは、徳島県中央部の山岳の紅葉狩りツーリングをしています。
今年も、計画をしていたのですが、丁度台風の影響で暴風雨になってしまい、中止にしました。そこで、気を取り直して、剣山の紅葉を見に行くことにしました。10月25日の水曜日なので、もう一人の方は仕事で来れなくなりました、残念です。




何時ものように、前日に計画書案を作成

計画案 
一応作るだけの計画書で、当日の流れで臨機応変に変えます。と、いうか単に計画書を楽しく作っているというだけの話です。

さて、今日は山岳路なので、CRFにします。前回のツーリングでもリッター45kmという驚異的な数字をはじき出しておりますが、今日は山なのでそんなに伸びないと思いますが、給油も楽しみなところですね。

DSC_0071_2017102717505643b.jpg 

出撃に際して、カミサンに一枚撮ってもらいました。

DSC_0072_20171027175426ede.jpg 

単車は新しくなりましたが、ジャケットもボチボチお年頃ですね・・・(^^;

神山道の駅8:50集合となっています。

DSC_0078.jpg 

今日は三人ですが、鴨島からの方は先着でした。初めて、ツーリングにお誘いしましたが、きちんと時間を守る方なんですね。物腰、語り、服装がきちんとしていると思ったら、性格もきちんとしているのでしょうね。

DSC_0080_20171027175534828.jpg

インカムで話をしならが川井峠に差し掛かって、予定外のコーヒータイムとなりました。勿論、シャングリラです。ここでは、毎回オーナーの河野さんの話を聞くのが楽しみで定番になっております。

DSC_0081_20171027175535f5f.jpg

新人のチャボが仲間入りしておりました。山羊から小鳥からどんどん動物が増えております。

さあ、カフェインで目覚めたところで、再出発としましょう。

DSC_0083_2017102717553739d.jpg


と、いいつつも、トンネルを抜けたところで、再び撮影会。

DSC_0084_20171027180146c3f.jpg 

川井峠は、日本一剣山が美しく見えるスポットです。
が・・・、今日は何故か剣山の頂上だけが雲の中。丸笹も、一の森も綺麗に見えてて、良い天気なんですが、ちょっと嫌な予感。

DSC_0086_201710271801480e5.jpg

山へくると、CRFの赤色が映えますね。結構綺麗です。

木屋平からコリトリへ、ここからは紅葉が綺麗になってきます。
なかなか、見ノ越へ着きませんね。

DSC_0089_20171027180425d00.jpg 

見ノ越手前2km程のところでしょうか。以前台風で崩れ復旧に足掛け2年ほどかかった場所です。

DSC_0091_201710271804272e5.jpg


DSC_0096_201710271804298b8.jpg

DSC_0093_20171027180428246.jpg

剣山は、やはり雲の中です。

漸く見ノ越に到着です。
ここからは、リフトで西島駅まで行きます。これがあるので、一般の人でも簡単にハイヒールで登れるようになりました。本来、修験者の霊峰であったようです。六根清浄!六根清浄!

DSC_0108_20171027180803daf.jpg 

途中右手に三嶺が見えたのですが、なんだか白かったので雪かなと思いましたら、なんと今朝は寒かったので霧氷があったとか。それで雪みたいに見えたんでしょうかね。

DSC_0118.jpg

西島駅に降りてからは、何本も登山道があります。体を鍛えなくては・・・と云いつつ、いつものように、一番楽な道を選択してしまいました。(^^ゞ

DSC_0127.jpg

上に登るほど雲が濃くなってきます。ヒュッテまであと一息です。

それにしても、寒いです。口がこわばって思うように動きません、発音がおかしいです。通りで、皆さん何も言わなくなったはずですね。(^^;

DSC_0135_20171027180835703.jpg 

寒いと思ったら二度です。
下山客が、頂上は物凄い風でとっても寒く、長い時間立ってられないと言っておりましたが・・・
それにしても、お腹がすきましたね。

DSC_0131.jpg

DSC_0130_20171027180837fd8.jpg 

毎度のうどんを頂きました。体が冷えていたので、五臓六腑に滲みわたりました。ゴチ♪

燃料も補給したので、一応、頂上を目指すことにします、折角来たのですから。
と、これが間違いの元かも、遭難する人はこうやって遭難するんでしょうね。神社で安全祈願を、パンパンしてからいざ!!

DSC_0138.jpg

おお!下山客の云ってた通りです。まともに立ってられないほどの横風を受けてよろよろしながら撮影中。1955mの看板がよく飛ばないものだと感心します。この三角点は西日本で二番目に高いのです。一番は同じ四国の石鎚山ですね。あそこのロープウェイも紅葉の頃は抜群に綺麗です。

DSC_0139.jpg 

完全冬山装備、抜かりありません。(^^;
二度なんて嘘みたいに思えます、強風のせいで体感的には-5度みたい。

DSC_0147.jpg

ライダースーツにオーバーパンツ、冬山装備よりも上かもしれませんね。ライダージャケット最強だ!

DSC_0148.jpg

次郎岌も三嶺も、塔丸も、丸笹も・・・山という山どころか、紅葉も何も見えませんでした。一寸先は真っ白です。長居は無用、すたこらサッサと下山します。

DSC_0150_20171027181828e6e.jpg

でも、ちょっと幻想的で雰囲気ありますね。いい感じです。

帰り道は最短コース ♪(^o^)/♪

DSC_0156_2017102718240944c.jpg 

刀掛けの松前、沢山の人がお弁当を広げておりました。一枚記念撮影をお願いしましたら、快諾して撮ってくれました。登頂でぜえぜぇ言った割には、三人ともええ顔しています。

22713280_1653817308003443_7138520117747033057_o.jpg

西島駅からの下りリフトは、前の紅葉が綺麗です。R438、帰路は貞光からにします。リフトに乗っている間に、今日の温泉は『木綿麻(ゆうま)温泉』に決定!!
祖谷の谷には、三嶺の麓に癒しの温泉郷、夫婦池前にはラフォーレ剣、一宇には岩戸温泉と登山の後、汗をかいてもスッキリできる風呂が沢山あります。なかでも一押しは、泉質なら木綿麻温泉ですね。ロケが良いのは、癒しの温泉郷です。夏ならカブトムシが飛来することもあります。

DSC_0165_201710271824124b4.jpg

見ノ越峠を後にして、みどりの一里塚から剣山を振り返ることにしました。紅葉はここからの眺めをお勧めします。

DSC_0184.jpg 

時折、西島駅が見えますが、やはり山頂部は雲の中ですね。
それでも、雲の切れ間から、綺麗な紅葉を見る事ができました。次郎岌が見えないのがちょっと残念です。

DSC_0169_20171027183007c8a.jpg

紅葉狩りの観光客も多いですね。

DSC_0172.jpg

祖谷の谷は神々しい天使の梯子で彩られております。
神々が降臨しているのでしょうか、幻想的な風景でした。

DSC_0181.jpg

最後は、いつものパターンで、温泉です。
¥400円、リーズナブルで良い泉質で、ご機嫌です。三人で裸の付き合い、今日のツーリングの反省と総括、今後の取り組み・・・、そんなたいした話ではありません、単に極楽♪極楽♪

DSC_0185.jpg 

帰宅するとすっかり暗くなっておりました。今日も一日良い日でした。



見ノ越峠、剣山リフト駐車場にて記念撮影♪

22713300_1653817511336756_7351158558125722072_o.jpg 

また、ツーリングしたいですね。お世話になりました。♪










スポンサーサイト
[ 2017/10/25 22:00 ] バイクとツーリング | TB(0) | CM(2)
らくじんさん、やはり同じ所でも、見る角度では違いますね、参考にします。ツーリングの途中の
温泉は初体験でしたが、よかったです、
体も温まり、なにより温泉に入る余裕がいいですね
目一杯走るツーリングをいつもしているので
[ 2017/10/27 19:14 ] [ 編集 ]
お世話になりました、楽しかったですね。
全国津々浦々、バイクでお出かけのようで、後輩が弟子入りしようかなと云っておりました。それにしても、すごい体力ですね。私も、日本国中いろんなところへ出かけたいのですが、暇なようでなかなか時間が作れません。(^^;
徳島のライダーさん、写真とっても綺麗に撮れてましたね。きちんきちんといい角度から、バイクの絵良かったです。
私も、バイクを撮ろうとしてもついつい忘れてしまいます。食い物も胃の中に入って気が付くことも多いです。(^^;

また、行きましょうね。
数年前までは、へとへとになるまで走っておりましたが、近ごろ横着して、近場で温泉。今度もタオルを持って極楽したいですね。
[ 2017/10/27 20:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
プロフィール

らくじん(rakujin)とうそう

Author:らくじん(rakujin)とうそう
『変わらぬ御世こそめでたけれ!』でも、人間平坦だとついついぼやきがち。庵主はサイバー上でぼやくのが趣味。HPの容量が無くなったので、仕方なくブログに移行、ブログ版ジョーク!!
本家

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
counter
2011.04.28-