FC2ブログ

従客閑雅

ほんとうは「従容閑雅」なんだそうな(^^; 東琤(落塵庵主)がサイバーな世界でストレス発散。

修学旅行の一日を三日で再現 二日目の宮島 

二日目は厳島神社で有名な宮島です。



 朝はゆっくりと起きました。普段から朝食は取らない生活をしていますので、この日も例外にせず、抜きです。朝食を取らなくなってから、定期診断の時、血液検査であまり引っかからなくなりました。血糖値はやや高いのですが、ヘモグロビンA1cの値は閾値を維持しています。


 宮島口までの間、国号2号線を走行中に流れが何だか変??何処か前方で事故なんだろうなと思ったら走行車線がいきなり停車。後方確認してすぐに追い越し車線へ出ましたら、なんと、車何台も絡む事故で、横転車両までありました。その車の窓を覗き込もうとする人などで騒然としておりました。ちょっと早ければ巻き添えで、遅ければ大渋滞だったかもしれません。ニュースであまり流れなかったので大きなケガなどは無かったのでしょうかね、心配します。

2gou.jpg 

 午前9時頃、港に着きました。乗船券を自販で買っていたら目の前の船が出航の合図を鳴らしています。ダッシュで船に向かって飛び乗りしました。朝から特練を思い出すような運動をして、今日一日が思いやられそうです。
 
syukkou.jpg 

10分間の船旅です。
島が近づくと朱の大鳥居が見えてきました。

DSC_0014_201711021037046dc.jpg 

宮島上陸後まずは、鳥居を見に行きます。
干潮から少しであったので砂浜が広がっておりました。長靴を履いておれば鳥居まで行けそうです。

DSC_0020_20171102103705b69.jpg

 ここで、島定番の鹿がお出ましです。すっかり、忘れておりました。修学旅行の時もおねだりする鹿がいましたね。ここで一番の驚きは、団体さんの撮影現場で鹿が両脇に鎮座してじっとしていることです。よくよく観察しているとカメラマンが腰に小さな餌袋を吊っています。腰に鰯や鯵を入れた袋を吊るドルフィンの調教師みたいな感じでしょうか。で、命令一つで「スティ」するのです。

DSC_0114_20171102105306c7c.jpg 

相方も、リュックの中身をおねだりされて、逃げ回ります。

sikanioimawareru.jpg 

いつも、阿波古事記研究会の三村副会長は講演に於いて、偏狭な常識を打破すべく、秦の始皇帝がらみの話をします。所謂「馬鹿」の語源とするものです。イラストを使うのですが、これを写真に置き換えるべく、しばらく鹿さんの追っかけをして写真を撮ってみましたが、なかなか思うようなポーズで撮らしてくれません。

DSC_0131_20171102105640f48.jpg DSC_0133.jpgDSC_0139_20171102105643b5c.jpgDSC_0147_201711021056448eb.jpg

かなり粘ったのですが、この程度です。(^^;

 さて、厳島神社の祭神は、宗像三神である 市杵島姫命 と田心(たごり)姫命、湍津(たぎつ)姫命の三柱です。他にも、天忍穂耳命とか天穂日命なども祀られておりました。御由緒書には、推古天皇の元年(593年)十一月と記されております。
 古事記によれば、スサノウは海原を知らせと父である伊弉諾尊から命令されます。いわば海軍大臣と外相を兼ねた存在でしょうか。須佐之男から生れた宗像三神が祀られるこの島は、海上防衛・交易の要であった史実にからんで、神話が真実味を帯びてきます。

DSC_0040_2017110211080343b.jpg 

 修学旅行生がとても多いので、そのガイドさんについてみました。すると、柱から柱の間が8枚の板で出来ていると説明がありました。日本人は8という数字が好きなのだとか。数えてみると、ほんとです、一つ賢くなりました。

itanomaisuu.jpg 

 この島での定番の食べ物と云えば、牡蠣とアナゴだそうです。

DSC_0073_201711021127529b3.jpg

 人気店だということで、正午は避ける事にしました。11時前だったので、三番目の名前記入です。店の横の仮設待合所にて暫し休憩を兼ねて待機しました。¥2300円にてアナゴ飯、ミュシュランガイドで☆を獲得しているとか。これが人気の味かと味わう間も無く完食、毎度の早食いは困りものです。

DSC_0078_20171102112754dee.jpg 


 午後からは弥山に登りました。ロープウェイ利用ですけれど・・・(^^;
ここのロープウェイは、二段になっており、最初は小さな6人程度のゴンドラで、次のは大きな物となっております。ゴンドラからの眺めはとても素晴らしいものでしたが、風が吹くとゆらゆら揺れます。

gondora.jpg 

 展望所からは、冬の水蒸気の少ない午前なら四国山系まで見渡せるそうです。とても風が強かったです。ここでも、年配のご婦人二人連れに阿波古事記を少しばかり語ってしまいました。(^^ゞ

DSC_0091_20171102112235fb5.jpg 

弥山は弘法大師空海が開いたとのことです。
と聞けばありがたく思う私はやはり四国の人間でしょうかね。のうぼうあきゃしゃきゃらばやおんありきゃまりぼりそわか、虚空蔵菩薩がご本尊だそうです。

misen.jpg 

紅葉谷を歩いて下山して、昨日に引き続き、くたくたです。

あとは、買い物をしたり買い食いをしたりで夕方まで滞在しました。

DSC_0120.jpg 

DSC_0122.jpg

それにしても、昨日から今日にかけて、いったい何個の牡蠣を食ったのでしょうか。

DSC_0156_20171102113828c49.jpg


夕方の瀬戸はまた、美しいものでした。

DSC_0164.jpg 

 お昼の食事時に、本日のお宿をゲット。と、いつもこんなパターンで旅行をしています。前職でアルファ―ワンをよく利用しましたが、その折に優待券をもらったままであったので、消化する為に岩国アルファ―ワンに泊まる事にしました。明日は、錦帯橋です。本日の万歩計は、12667歩となっております。

明日に続く・・・・


スポンサーサイト
[ 2017/11/02 10:58 ] 県外にお出かけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
プロフィール

らくじん(rakujin)とうそう

Author:らくじん(rakujin)とうそう
『変わらぬ御世こそめでたけれ!』でも、人間平坦だとついついぼやきがち。庵主はサイバー上でぼやくのが趣味。HPの容量が無くなったので、仕方なくブログに移行、ブログ版ジョーク!!
本家

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
counter
2011.04.28-